六甲高山植物園には花の写真を撮ってる人がいっぱい居たゾ。

六甲山の山の上にある『六甲高山植物園』へ行ってきた。

高山植物園はその名称のとおり海抜865mの六甲山頂付近にあり、神戸市内はもちろん大阪市内からでも車で1時間ほどの近さなので、これからの時期は避暑に訪れるのもおすすめのスポットだ。

僕はこの間購入したレンズをカメラに取り付けて、散歩のつもりで訪れたのだけど、結構な人出でビックリしてしまった。

僕のように、ちょっとした散歩や軽い遠足がてらに訪れる方が多いのかもしれない。

園内は広く、お土産物店や山小屋カフェなどもある。

入園料は、大人(中学生以上) 700円/小人(4歳~小学生) 350円 だ。

この日はハンモックチェアを並べた、屋台のカフェも営業していた。天気がいまひとつだったので利用しなかったけど、晴れた日にはとても気持ちが良さそうだ。

8月末までの土・日・祝が営業日らしいので、また行ってみようかな。

さて、僕はカメラ片手に気軽な散歩に訪れたわけだけど、この日は高そうな望遠レンズや三脚を持ち込んで撮影をしている玄人な先輩方が大勢いらっしゃって、僕はちょっと気後れしてしまった(笑)

一人で地面に這いつくばるようにして、同じ花を何度も何度も撮っている方や、友人達とやってきているのだろう、複数人でアドバイスしあいながら色んな角度から撮影している方。一人でカメラを3台ぶら下げている方。

同じ「写真」を趣味にしていても、遊び方は様々なんだなあ〜と思う次第。

僕はこの中では最もライトなフォトグラファーだな(笑)

それでも1時間程だっただろうか、赴くままにシャッターを切りながら園内をぐるぐる散歩して、楽しい時間を過ごすことが出来た。