1月10日。十日夷は毎年、西宮神社へ詣でます。

関西の商売人にとって、毎年1月10日の「えべっさん」詣で、いわゆる十日夷は欠かせない行事。ちなみに「えべっさん」とは「えびすさん」の関西訛りの言い方です。

全国に、えびす様をおまつりする神社は数多くありますが、兵庫県の西宮神社はその総本社。それだけに毎年凄い人出です。

最寄り駅の阪神西宮駅から神社まで、道路の両側にはずらっと出店が並びます。

10日の早朝に参拝一番乗り=福男を目指して境内を疾走する男達の姿が、全国ニュースになっているからでしょうか?今年は観光で参拝に来ている方もチラホラ見かけました。

境内に入っても、出店がたくさんあって、なかには客席を備えた食べ物屋もあります。おでんや土手焼き、サザエの壷焼きなどメニューも色々あって、お参り前の腹ごしらえにはオススメです。

今年は18時頃にお参りしたのですが、このとおり凄い人出でした。年々増加してる気がします。

本殿に入る前には全員御祓してくれます。神職さん凄い勢いで腕振ってたけど大丈夫だろうか、、、。

さて、お参りをして本殿を出ると、通路の両脇に『福娘』がずらっと並んでいます。

彼女たちは縁起物の『福笹』を売っているんですが、ここが毎年面白いんです。

というのも、客はみんな可愛い『福娘』から買いたいんですよね(笑)なので行列が出来る『福娘』もいる一方で、閑古鳥の鳴いてる子もいて、とってもシュール。

ちなみに隣を歩いてたおばちゃんが「今年はあんまり可愛い子おらんなぁ〜」と言ってましたが、確かに今年は突出して行列を作っている子はいなかった(笑)いやはやナンとも。

境内には福笹以外にも、熊手や福箕などの縁起物を売っているお店がいくつもあって本当に賑やかです。

他にも、奉納された大マグロに賽銭を貼りつける、賽銭箱ならぬ賽銭マグロがあったり、鯛を2匹づつ縄で結えた『御掛鯛』があったりと、他所では見かけないものに出逢えるのも楽しみです。

今年も良い一年となりますように。