NHKからハガキが届いたのでNHKプラスの登録完了した。

NHKプラスから届いたハガキ

2020年3月1日からスタートしたNHKプラス。まだまだアプリの使い勝手は難ありだけど、それでも見逃した番組を手元で見れるのはやっぱり便利。

まだ使い出して10日ほど経ったばかりだけど、既に結構な頻度で利用している。

ちなみにNHKプラスとは、PCやスマホ、タブレットでNHK総合テレビとEテレの番組を見ることが出来るサービスで、先行している民放と同じように、リアルタイムと放送後1週間は「見逃し番組配信」で見ることが出来る。

当然だけどこのサービスは、NHKの受信料を支払っている契約者とその家族しか利用出来ない。

そのため、類似の民放サービスとは登録の方法が大きく異なっている。

まずはNHKプラスのサイトにアクセスして、任意のIDとパスワードを設定し、受信契約情報(契約者名と住所だけでOK)を入力。

これで仮登録が完了。

後日、NHKからハガキが届くので、そこに記された確認コードを入力して本登録の完了となる。

僕のところには仮登録からちょうど10日でハガキが届いた。

2段階認証ということですね。

冒頭で述べたように、今はまだアプリの使い勝手が今ひとつで、お気に入りの番組をリスト化出来なかったり、マナーモードだと音が出ないだとか(設定から変更出来た)色々と「?」の部分もある。

だけど受付開始の3月1日は申込が殺到していたようだし、これから沢山の人が使えば改善されていくのでしょう。