『映像研には手を出すな!』がめちゃくちゃ売れているのは何故だろう。

紀伊國屋梅田店では「お一人様一冊まで」

紀伊國屋梅田店で思わず目を疑ってしまった。

なんと「お1人様、各1冊まで」のPOPが。

「えっ?そんなに売れてんの?」

と思ってしまった。

僕も全巻読んでいて、内容は確かに面白い。

だけど

「冊数制限するほど万人ウケする内容か?」

「印刷数が少なかった為の品薄では?」

なんて思い、早速ネットで売れ行きを検索してみると、、、

2020年1月30日時点で、なんと累計50万部超え!

凄いやないか。

もの想いする話が人気を集めるのは何故だろう。

『孤独のグルメ』を漫画で初めて読んだ時も、まさかドラマ化され、地上波で大晦日に放送される日が来るなんて思いもよらなかった。

『映像研には手を出すな!』も深夜のアニメ化まではともかくとして、まさかこんなに売れるとは、、、

でもこの2作、少し似ていると思う。

『孤独のグルメ』では、井之頭五郎が文字通り孤独にグルメを愉しみ、ひとり悦に入る過程に読者はシンクロしていく。

一方『映像研には手を出すな!』では、主役達3人の妄想が、現実世界を侵食するほどに具体的なビジュアルを伴って現れ、読者は3人と一緒にその妄想世界で束の間のダイビングを愉しむ。

どちらの作品もメインディッシュは主人公の『もの想い』だ。

思えばこういう『もの想い』漫画って最近色々あるような、、、

岡田斗司夫のYouTubeが面白い。

ところで岡田斗司夫が『映像研には手を出すな!』の作者、大童澄瞳と共に単行本1巻を1ページずつ解説した様子がYouTubeに上がっている。

これもとても面白かった。