マクロアポランター65mmF2で紫陽花を撮ってきた。

雨の中、先日購入したマクロアポランター65mmを持ち出して紫陽花を撮ってきた。

このレンズの優秀ぶりは、あちこちのサイトで目にしていたけど、写真を撮る前のファインダー越しに見える像からしてスッキリしていて収差の少ないのが分かる。

同じフォクトレンダーでもNOKTON50mmは、最短付近の像はかなりふわりとした甘い描写になるので、花を撮るには不向きだなと思っていたんだけど(もちろん甘さが魅力のひとつでもあるのだけど)流石マクロアポランターはシャッキリとシャープに撮れて気持ちが良い。

NOKTON50mmF1.2で梅の花を撮ってきた。

この日は雨だったのだけど、このレンズは防塵防滴じゃないので、雨の日はどうしても気後れしてしまう。

フォーカスリングを回すと鏡筒が伸び縮みするため、気をつけないと付着した水滴が鏡筒内部へ入ってしまうような気がするのだ。

これで防塵防滴なら最高なのになぁ。